J-クレジット東北地域推進協議会

ホーム > クレジットを活用した事例

クレジットを活用したカーボン・オフセット事例

カーボン・オフセットを活用した商品・サービス・イベントは年々増えており,市民・企業・自治体等が主体的に地球温暖化対策に貢献する手段の一つとして注目されています。

イベント開催オフセット

東北まつりネットワーク

東北まつりネットワークでは、東北地域のまつりで発生した二酸化炭素(CO2)を、東北地域の企業から創出されたクレジットを用いて、カーボン・オフセットしています。平成23年度に取組を開始して以来、参加まつりの数は年々拡大しています。

■平成27年度に参加した夏祭り

 

[青森県]

青森ねぶた祭り / 黒石ねぷた祭り / 黒石よされ祭り / 五所川原立佞武多

大湊ネブタ / 田名部まつり

 

[岩手県]

盛岡さんさ踊り / チャグチャグ馬コ / 一関夏祭り / 奥州水沢夏まつり

 

[宮城県]

仙台七夕まつり / 白石夏まつり

 

[秋田県]

秋田竿燈まつり / よこての全国線香花火大会 / 横手の送り盆まつり / YOKOTE音FESTIVAL

七夕絵どうろうまつり / 大曲全国花火競技大会

 

[山形県]

山形花笠まつり / 酒田花火ショー / 赤川花火大会 / 新庄まつり

 

[福島県]

福島わらじまつり / 郡山うねめまつり

大学祭

東北工業大学(宮城県仙台市)と尚絅学院大学(宮城県名取市)では、大学祭で発生するCO2のカーボン・オフセットを東北地方の大学としては初めて行いました。
事前の勉強会や情報交換など両大学の連携・交流のもと、パネル展示やアンケートなどによる来場者への普及啓発も行っています。

東北工業大学

尚絅学院大学

ページトップに戻る

自己活動オフセット

東北銀行

株式会社東北銀行(本社:岩手県盛岡市)では、岩手県内の企業や自治体によって創出されたクレジットを購入し、自社で作成したグッズやチラシなどの印刷により発生するCO2をカーボン・オフセットしています。
また、協賛する県内の駅伝大会運営に伴うCO2のオフセットも行っています。

ページトップに戻る

商品・サービス利用オフセット

金ケ崎産直組合

金ケ崎産直組合(岩手県金ケ崎町)では、同組合が販売するリンゴに対してカーボン・オフセットを行っています。
岩手県の発行するクレジットを活用し、一般家庭1日分のCO2排出量を付与しています。
環境保全に取り組む産直として、地球温暖化防止に向けた取り組みの発信とともに、カーボン・オフセットの取り組みの普及や商品の差別化を図ることを目指しています。

復興支援

三晃商事株式会社(横浜市)と横浜市資源リサイクル事業協同組合は東日本大震災の被災地のクレジット(釜石地方森林組合)を活用したカーボン・オフセットによる環境貢献と被災地支援を行っています。

三晃商事

横浜市資源リサイクル事業協同組合

ページトップに戻る

  • J-クレジット制度
  • 国内クレジット制度
  • オフセット・クレジット J-VER制度
  • CFPプログラム
  • 経済産業省東北経済産業局

●問い合わせ先
東北経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課
(TEL : 022-221-4932 FAX : 022-213-0757)
カーボンフリーコンサルティング株式会社 東北支社
(TEL : 022-281-9320 FAX : 022-395-4133 お問い合せはこちらE-mail